船舶

近江トラベル株式会社 オーミマリン|旅をしながら集める船の御朱印「御船印プロジェクト」に参加中のオーミマリンに乗船してきました!

「御船印プロジェクト」は、一般社団法人日本旅客船協会公認プロジェクトによって立ち上げられた、寺社仏閣でもらえる"御朱印"の船バージョン「御船印」として集める船旅の企画をされた「御船印めぐり」です。
彦根港のオーミマリンは、御船印の参加社リストのなかで第六七番社にあたります。

今回のプロジェクトに参加中の、近江トラベル株式会社 オーミマリンに乗船し、竹生島まで行ってきました!

アクセス・駐車場・受付時間

住所滋賀県彦根市松原町3755
電話番号0749-22-0619
受付時間8:30~12:00、13:00~17:00
定休日
駐車場あり
ホームページhttps://www.ohmitetudo.co.jp/marine/
じゃらんnethttps://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000181935/

彦根港とオーミマリンに乗船の様子

彦根港の観光船のりばに到着です。

びわ湖遊覧船〈竹生島・多景島行〉のりばです。井伊直政の写真パネルが目を引きますね♪

のりばの内観です。

当日はたくさんの方で行列ができていました。

チケット売り場です。

竹生島行きのチケットを購入します。
今回は、近江トラベル株式会社の公式LINEアカウントをお友達登録すると、彦根港から竹生島までの往復乗船チケット代が当たる抽選会に当選したので、実質無料で乗船させて頂くことができました♪
もし当選された方は、有効期限が2022年11月30日までなのでお忘れなくー。

いよいよ乗船が近づいてきました。

オーミマリンは、徳川家康に仕え徳川四天王の1人として名を馳せた、戦国時代の武将"井伊直政"の赤備えをイメージされたようなデザインです。
青い空に赤色の船が引き立っています。

それでは竹生島行きに乗船します!

オーミマリンは2階建てとなっており、こちらは1階の内観です。

こちらは2階です。
オープンデッキになっているので、360度景色を眺めるには最高の場所です♪

出航までのあいだ、船の最後尾で琵琶湖を眺めます。防波堤ではたくさんの方が釣りを楽しまれていました。

出航です!

航跡波をしばし眺めます。

2階のオープンデッキの後部からの眺めは最高です。

遠方に、目的地の竹生島が見えてきました。

あと少しです。

竹生島が目前に。

乗船時間は片道45分で、ようやく竹生島に到着です。
45分は長いように感じましたが、景色を眺めているとあっという間でした。

向かい側には、長浜港からの高速船"べんてん"が出航前を迎えていました。

べんてんに乗船されるお客さんもたくさんの方で賑わっていました。

それでは、竹生島へ行ってきます!

第六七番社オーミマリンの御船印

竹生島の旅を終えて、彦根港に帰港したあとオーミマリンの御船印を購入しました。

第六七番社オーミマリンの御船印

旅の記念に大切にとっておきます♪

また、御船印が貼れる御船印帳もたくさん販売されているので、気になる方は各参社や御船印発行窓口でご確認下さいね。

まとめ

今回の航路は彦根港から竹生島への旅でしたが、オーミマリンでは他にも多景島に海津大崎や海津大崎・桜花見船、敦賀・水島などの航路に加えて、クルーズ船などの運行もされています♪

また、ふるさと納税では彦根港発竹生島観光船往復チケットや、他にも長浜港発竹生島観光往復チケットもあるので、気になる方は是非ご確認下さいね♪

あわせて読みたい竹生島|日本弁財天のなかの一つに数えられる宝厳寺や都久夫須麻神社があり、神秘とロマンに満ちた神の住む島!

竹生島は、長浜市の沖合にある周囲2㎞・面積0.14kmで、琵琶湖の沖島の次に大きい島です。 宝厳寺の御本尊である弁財天は、江の島・宮島と並ぶ"日本弁財天"の一つで、そのなかで最も古い弁財天です。また、 ...

続きを見る

あわせて読みたい旅をしながら集める船の御朱印「御船印プロジェクト」に近江トラベル株式会社 オーミマリンが参加中!

「御船印プロジェクト」は一般社団法人日本旅客船協会公認プロジェクトによって立ち上げられた、寺社仏閣でもらえる「御朱印」の船バージョン「御船印」として集める船旅の企画をされた「御船印めぐり」です。全国各 ...

続きを見る

-船舶
-